キューティクルを復活させる方法

目指せ美髪!キューティクルの取り扱い説明書

キューティクルは髪を健やかに保つ大切な存在

キューティクルはもろくて摩擦に弱い性質を持っています。 そのため、誤ったヘアケアを行っていると、かえってキューティクルを傷めてしまっていることも。 どのようなヘアケアがキューティクルに良くないのかをご紹介します。 また、それ以外にも紫外線やヘアカラーでキューティクルが傷んでしまうこともあります。 ...続きはコチラ

キューティクルが傷んでしまったらどうすればいい?

キューティクルはあまり傷み具合が進んでしまうと、修復できない場合も。 そうなる前に、早いうちから正しいケアを行うことが大切です。 ここでは、まず修復可能な髪の毛の状態についてご説明します。 ご自身の髪の毛が今どの状態にあるのか、押さえましょう。 また、傷んでしまった場合の修復方法についてもご紹介します。 ...続きはコチラ

美髪になるライフスタイルとは

美しい髪の毛を育てるためには、キューティクルの保護・修復も大切ですが、整った生活習慣を心がけることも重要なことです。 まず、食生活ではバランスの取れた食事を心がけましょう。 特に髪を健康にしてくれる栄養素について詳しくみていきましょう。 また、睡眠や運動も美しい髪の毛づくりには必要不可欠です。 ...続きはコチラ

キューティクルはどうして傷んでしまうのか

髪の毛のパサつきが気になる、最近ツヤがなくなってきた、など髪の毛のダメージにお悩みの方、いませんか?
その原因、実は髪の毛のキューティクルが大きく関係しています。

髪の毛の構造は、外側から中心に向かって3つの層になっています。
その1番外側にある、髪の毛の表面を覆っている部分のことをキューティクルと言います。
さまざまな刺激をブロックし、また髪の毛の内部からタンパク質や水分が漏れ出さないように蓋をする役目を担っています。
形状は、髪の毛の根元から毛先に向かってうろこ状に重なり合っています。
1枚の細胞はとても薄く、6~8枚が密着した層になっています。
キューティクルが傷んでしまうと、このうろこ状に重なった状態が乱れてしまい、毛羽立った状態になってしまいます。
そうなると、髪の毛がパサついてしまったりと、あらゆるトラブルに見舞われます。

キューティクルは主にケラチンという硬質タンパク質でできています。
硬いものではありますが、とてももろくて摩擦に弱いため、誤ったヘアケアをしていると傷んでしまうことも。

髪の毛のダメージを解決するためには、このキューティクルをいかに保護・修復するかが重要です。
そのためには、まずキューティクルがどのような原因で傷んでしまうのかを理解しておきましょう。
さらに、傷んでしまったキューティクルを修復するための方法についてもご説明します。
最後に、美しい髪の毛を育てるために、日常生活で気を付けたいことについてもまとめました。

こちらを読んで、ぜひ一緒に美しい髪の毛を目指しましょう!