鳩を撃退するために~被害レベルを把握しておこう~

被害レベルを把握してなるべく早い段階で鳩を撃退するべし!

被害を与えるドバトとキジバトについて違いを知ろう!

ドバト

よく街中や公園などで見かける鳩のことが「ドバト」となっています。首元が緑色の光沢をしているのが特徴です。ドバトは巣に対して強い執着心を持っているので、家に巣が出来てしまうと非常に厄介でしょう。

キジバト

被害を与える鳩はもう1種類いて「キジバト」と呼ばれています。上記のドバトと違う点として特徴的な鳴き声と全体の色が赤紫色という点が挙げられるでしょう。また、背中部分に鱗模様があればキジバトとなっています。

鳩の糞が原因で発生する被害BEST5

no.1

汚れがつく

鳩が及ぼす被害に糞がありますが、その糞が原因で他に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。特に汚れが目立ってしまうでしょう。毎日掃除をしても、繰り返される糞に結局は汚れがついてしまいます。

no.2

清潔感や美観が悪くなる

勿論ですが、鳩の糞は見た目にも問題が発生します。ベランダなどが鳩の糞だらけになってしまうと、美観が損なわれて清潔感が無くなってしまうでしょう。異臭の問題もあわせて発生します。

no.3

病気の原因となってしまう

糞を放置していると、それが原因で何かしらの病気やアレルギーが発生してしまう恐れがあります。糞が原因で感染してしまう病気も確認されているので、十分に気を付けていく必要がありますよ。

no.4

金属部分が腐れてしまう

鳩の糞には酸成分も含まれているので、金属部分に大量の糞があると徐々に腐ってしまいます。金属の腐食が発生すると、美観も悪くなるほかに安全性にも問題が発生するでしょう。

no.5

害虫が発生する

鳩の糞によって害虫が発生することも珍しくありません。害虫の中でも特にゴキブリが目立って発生してしまうでしょう。ゴキブリもまた色々と悪影響を及ぼすので被害が2倍になると言えます。

鳩を撃退するために~被害レベルを把握しておこう~

鳩

休憩鳩

移動している鳩が休憩として明るい時間にやってくるのを「休憩鳩」と呼んでいます。この段階では特に目立つ被害もないですが、休憩鳩を発見したらすぐに何かしらの対策をしていた方が良いです。

待機鳩

上記の休憩鳩が休憩する場所として知られてしまうと次は「待機鳩」に発展してしまいます。滞在する時間も長くなり、糞の被害も増えてしまうでしょう。この段階で業者に依頼して早めに撃退することです。

ねぐら鳩

待機鳥として安心してしまった鳩は「ねぐら鳩」として、より住み着いてしまいます。最初は明るい時間帯しか滞在しなかった鳩も徐々に夜まで滞在するようになります。ここまでくると糞以外にも騒音被害も目立ってしまうでしょう。

巣作り鳩

最終的に「巣作り鳩」となってしまい、鳩が巣を作ってしまいます。巣作り鳩まで発展した場合は縄張り意識や帰巣本能などが働いて撃退するのに大変な労力と時間をかけてしまいます。ここまできたら専門業者に早急に依頼することをおすすめします。

広告募集中